端P1
端p2

2

2in2x2

白マスが二か所確定する。

3in2x3

一般に、端の[n]in[2]x[n]では、図示したところが白マスになり、黒マスの配置は2通り。

3

3in3x2


一通りに決定する。

4in3x3

空中の4in3x3も参照。
分断禁が絡みやすい。例えば、部屋中央のマスが黒マスになると、右下左下どちらが黒マスになっても、部屋の黒マス全てが上辺にアースされる(アース:黒マスが斜めにつながっており、分断禁に作用しうる形になること)。

5in3x4


7in3x5

一通りに決定する。上3x4と下3x1に分けると、上には6マス入らないので"上5+下2"と決まる。

8in3x6

一通りに決定する。上3x4と下3x2に分けると、上に6マス入らないので"上5+下3"と決まる。

9in3x7

上3x4と下3x3に分けると、上に6マス入らず、下に5マス入らないので"上5+下4"と決まる。
端の4in3x3から下の二つの黒マスが分かり、さらに空中の5in3x4から上の二つの黒マスが分かる。

10in3x8


4

3in4x2

5in4x3
7in4x4
8in4x5

10in4x6

上中下2x4ずつに区切ると、4+3+3か3+4+3しかない。

12in4x7
上4x4と下4x3に区切ると、上7+下5しかありえない。

13in4x8

15in4x9

17in4x10

一般に端の4x[3k+1]のMX値は5k+2であり、上4x4と、その下4x3と、その下4x3、…と区切ると、7+5+5+…+5と入る。7in4x4は2通りしかない。この時、ローカルには5の入れ方は複数あるが、右図のような入れ方の5では連鎖的に下に波及し最終的に分断してしまう。よって、端の4x[3k+1]に5k+2個入れる方法はk>0で常に2通り。

5















6














31in6x13

6x[3k+1]は一定の法則が見える。

7

6in7x2

一通りに決定する。左3x2と右4x2と分けると、右に4マス入らないので「左3マス右3マス」となる。
7マスに渡って白マスが続くので、問題を作るときには三連禁に違反しないようにするため部屋の分け方が制限される。

9in7x3

一通りに決定する。
左4x3と右3x3に分けると"左5+右4"が分かる。また左3x3と右4x3に分けて同様に考え、端の4in3x3から合計4つの黒マスが決まる。中央の1x3に黒マスは1マス入るが、一番下のマスが黒マスにならないと破綻する。





25in7x9
解の内訳は以下の通り。

27in7x10
30on7x11
32in7x12




このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています